Re:set

今年のテーマは「Re:set」です。set には組み立てる、という意味があります。再び組み立てる、つまり、組み直し。
また、コンセプトであるリンゴには創造の果実という意味もあります。創造、我々はその最善の形が、組み直しだと考えました。
既存のものをなぞるだけが、いたずらに伝統を壊すだけが、正解なのでしょうか。
行き詰まった昨年の夏頃、フラットな視点から、新旧問わず自分たちの思う“良いもの”を選びたいと考えた結果辿り着いたのがこのテーマです。
新生ではありません。Renewal でも Restart でもありません。
変わった部分も、変わらない部分もあるでしょう。しかしそのどれもが、我々が選び取った最善です。
それでは第 49 回男く祭、我々の思う「Re:set」どうぞめいいっぱいお楽しみください!